家じゅうにWi-Fiが屆く テレワークを快適にする中継機特集

目次

テレワークなどで家にいる時間が増えてきた今
ご自宅のWi-Fi環境に不満が出てきていませんか?

テレワークの普及により自宅で過ごす時間が増えつつある昨今、Wi-Fi環境のトラブルが生活に與える影響はより一層大きくなっています。
これまでWi-Fiを使っていなかった個室や書斎でビデオ會議をするようになったり、スマホをリビングや寢室などあらゆる部屋で使うようになったことで電波が屆きにくい悩み、イライラが見逃せなくなってきました。

そのようなあなたの悩みは
中継機によって解決できるかも知れません!


中継機とは

中継機とは、 Wi-Fiを利用できる範囲を拡大するための機器です。

Wi-Fiの電波は壁や障害物を通り抜ける度に弱くなります。そのため、別階の部屋や、四方が壁で囲まれた部屋ではインターネットが途切れがちになり、通信速度が遅くなってしまいます。

中継機をWi-Fiルーターとデバイスの中間地點に設置することで、Wi-Fiの電波が弱くなる前にキャッチ?再発信し、これまでインターネットが繋がりにくかった部屋へWi-Fiの電波をしっかり屆けてくれます。

中継機を使うメリット


電波が屆く範囲を手軽に広げられる

Wi-Fiルーターは、設置すれば家中どこでも電波が屆くという訳ではありません。電波が屆く範囲には制限があるので、ルーターから端末までの距離が遠いと、インターネット環境へのアクセスに時間がかかったり、繋がりにくい等の問題が発生します。

ルーターの場所を変えることで解決する場合もありますが、今や家族全員が當たり前のようにモバイル機器を使用する時代です。一階の臺所では母親が、二階の個室では子どもが、複數の場所で同時にWi-Fiに接続することも少なくありません。

中継機はその名の通り、Wi-Fiルーターから発信された電波を中継します。したがって、今まで遠くて弱かったWi-Fiルーターからの電波が強くなり、快適にパソコンやスマホを使用できるようになります。


繋がりにくかった部屋も快適に

テレワークの普及などによって自宅でパソコンやタブレットを使う機會は増えつつありますが、書斎などで仕事をしていると、途中で通信が途切れてしまうことや繋がりにくいと感じた経験はありませんか?

電波はWi-Fiルーターを中心とした範囲に屆きやすいですが、端末との間に壁や家具、床暖房などの障害物があると電波は屆きにくくなります。
つまり、Wi-Fiルーターから近い部屋なのに電波が屆きにくい場合や、逆にとても離れているのに不自由なくWi-Fiを利用できる場合があるということです。

中継機は狙った部屋に安定した強い電波を屆かせる方法として非常に効果的です。中継機を無線LANルータの親機と、電波の屆かない部屋など中間地點に設置することでWi-Fi環境の悩みを解決することができます。

中継機を選ぶなら 高速規格「11ac」&「2×2」
アンテナの高速通信モデルがおすすめ

據え置き&コンセント直挿し

コンセント直挿し


Wi-Fi環境の不満を解決する中継機の選び方

中継機には「コンセント直挿しタイプ」と「據え置き(壁掛け)タイプ」の2種類がある

中継機は電源接続方法によってタイプが異なります。

コンセント直挿しタイプの中継機のメリットは、インテリアに溶け込み部屋がすっきり見える點です。一方で、電波を中継したい場所にコンセントがない場合は設置場所に困ってしまいます。

據え置き(壁掛け)タイプは、付屬のACアダプターで接続するのでコンセントから少し離れていても設置ができます。棚の上や壁に設置することで、障害物を避けて電波を遠くまで飛ばすことができます。

中継機はWi-Fiルーターと比べ、お買い求めやすい価格帯でラインナップされています。より性能の高いWi-Fiルーターに買い替えることや配線工事をすることよりも、中継機を導入したほうが費用や手間を削減できる場合があります。

それぞれの特性を理解した上で、あなたに合った機器を導入しましょう。

意外と知らない!? Wi-Fiルーターの買い替えでお得に電波範囲を広げる方法

ルーターだけ性能をアップしても、不満が解消しないことも

新しいWi-Fiルーターに買い替えればWi-Fiの悩みはすべて解決!そう思ってはいませんか?

より性能が上位の親機に買い替えても、Wi-Fiを利用したい場所が家の端にある部屋だったり、床暖房など電波を通しにくい家の構造による問題だった場合は、Wi-Fiルーターのアンテナ性能の向上のみでは根本的な解決には至らない場合があります。
その場合は追加で中継機を新しく導入することで飛距離要因の問題は解消されますが、一方でWi-Fiルーターの買い替えによりスマホの複數臺接続がより安定して通信ができるようになるなど、性能アップによるメリットを諦めることになってしまいます。

性能アップと電波範囲拡大の両取りができる
とっておきの方法があります。

ルーターを買い替え&再活用で電波範囲を広げる

実は、バッファローのWi-Fiルーターなら、スイッチ切り替えにより中継機として使用することができます。つまり、親機をより新しいモデルに買い替えることで、性能アップだけでなく、これまで使っていたWi-Fiルーターを中継機として再活用することで電波範囲を広げることができます。

Wi-Fiルーターを中継機に変更するには、製品本體のスイッチを切り替えるだけなので簡単です。

詳しい設定手順は製品付屬の取扱説明書を參照してください。

関連情報

おすすめはバッファローの中継機!

Wi-FiルーターシェアNo.1メーカーのバッファロー商品で探せば、豊富なラインナップであなたに合った中継機が見つかります。

BCNによる全國の大手家電量販店の2019年(1月~12月)データ集計において

中継機でバッファローが選ばれる理由

無線LAN製品を作り続けて20年以上

日本住宅で電波性能を測定し、チューニングを繰り返しています。積み上げてきた技術力で家の隅々まで電波を屆けます。

日本住宅に合ったスリムコンパクト設計

コンセントに直接挿せるタイプや縦置き?壁掛けができるタイプがあります。家中に電波を屆けることを第一に考えつつ、インテリアに溶け込むデザイン性?コンパクトさを併せ持った設計です。

安心のサポート體制

コンタクトセンター?アワード2017において最優秀テクノロジー部門賞を受賞しました。

電波は見えないものだからちゃんと動作するのか不安がつきもの。バッファローでは、無線に関するお悩みを気軽に相談できるようにするため、電話やメールに限らずチャット、LINEといったお問合せ方法をご用意しております。

株式會社リックテレコム主催

中継機を選ぶなら 高速規格「11ac」&「2×2」
アンテナの高速通信モデルがおすすめ

據え置き&コンセント直挿し

コンセント直挿し



バッファローの中継機なら
簡単設定?中継機の設置場所に悩まない

ボタンを押すだけ簡単設定

AOSSやWPSを利用して、ボタンを押すだけで簡単に中継機の設定が完了。
また、Wi-Fiルーターの情報(SSID/KEY)をそのまま引き継ぐので、スマホやタブレットでの面倒なパスワードの再入力も不要です。

まずはお使いのWi-FiルーターのAOSSまたはWPSボタンをプッシュ。その後中継機のAOSSまたはWPSボタンをプッシュして設定完了。

AOSSまたはWPSボタン対応のWi-Fiルーターに限ります。

中継機はWEX-G300のみAOSSに対応しています。

他社製品でもWPS対応のルーターなら接続可能

WPS対応のWi-Fiルーターであれば、バッファロー製品、他社製品に関わらず利用可能。
今お使いの機器をそのまま買い替えることなく、中継機をご利用いただけます。

中継機設置ガイドで適切な設置場所が見つけられる

中継機設置ガイド対応

専用アプリの「中継機設置ガイド」で、親機、中継機、子機の通信狀態がひとめで分かり、適切な設置場所が見つけられます。

WEX-733DHP、WEX-G300は非対応です。


アプリでワンタッチ起動

スマートフォン用アプリ「StationRadar」を使えば、畫面に表示された本商品の名前をタッチするだけで設定畫面が開けます。來訪者のために一時的にゲストポートを解放したいときなどにも便利です。


バッファローの中継機について よくあるご質問



商品ラインナップ

目的と用途に合わせてお選びください。

中継機を選ぶなら 高速規格「11ac」&「2×2」
アンテナの高速通信モデルがおすすめ

據え置き&コンセント直挿し

コンセント直挿し

中継機 その他のラインナップ

今お使いのWi-Fiルーターを中継機として活用する場合は
新規格Wi-Fi6対応ルーターの導入がおすすめ

一戸建ての大きな家にお住まいなら
親機+中継機セットモデルがおすすめ

親機?中継機セットモデル