ハードディスク(HDD)が故障したらどうする?メーカー修理とデータ復舊の違いとは

パソコンや外付けHDDが起動しなくなった時、保存してあったデータが見られなくなった時、多くの方がメーカーに修理を依頼されると思います。しかし、修理を依頼する時には注意が必要です。修理をすることで、ハードディスク(HDD)に保存してあったデータを失ってしまう可能性があるからです。故障してしまったHDDのデータを取り戻したい時は、どうすれば良いのでしょうか?大切なデータを失ってしまうことにならないよう、メーカー修理とデータ復舊の違いを知って、適切に対処しましょう。

目次

1. 製品を購入時の狀態に戻すのが「メーカー修理」

HDDは、ナノメートル単位で動作する精密機器です。物理的に故障してしまった時には、修理して再生することは非常に困難です。內蔵HDDが故障してしまったパソコンや外付けHDDをメーカー修理に出すと、多くの場合、新しいHDDに交換され、購入時の狀態に戻して返卻されます。元のHDDに保存されていたデータは戻ってこない可能性がありますので、ご注意ください。修理を依頼する際には、事前にサービスの適用範囲や注意事項を入念に確認し、リスクを十分に理解した上で修理に出すようにしましょう。

メーカー修理とは

メーカー修理に出した製品のHDDが物理的に故障しておらず、トラブルの原因が別にあった場合は、HDDが交換されずに戻ってくることもあります。このような場合でも、HDDは初期化され、購入時の狀態に戻されるのが一般的です。保存されていたデータは消去されてしまう可能性が高いのでご注意ください。

2. HDD等のデータを救出するのが「データ復舊」

HDDが故障しても、多くの場合、保存されていたデータは消えずに殘っています。そのデータを特殊な方法で救出し、復元することを「データ復舊」といいます。データをどれぐらい復元できるかは、故障の程度や狀態によって異なります。通常のメーカー修理では、データ復舊はサービス対象外になっています。故障したHDDのデータを復舊したい場合は、メーカー修理ではなく、データ復舊業者に依頼することが必要です。

データ復舊とは

データを復舊する前にメーカー修理に出してしまうと、HDDが初期化されて殘っていたデータが消去されてしまったり、HDDが交換されて古いHDDが戻ってこない可能性があります。取り戻したいデータがある場合は、必ず修理を依頼する前にデータ復舊業者にご相談ください。

3. メーカー修理とデータ復舊の選び方

前述の通り、パソコンや外付けHDDに保存してあったデータを取り戻したい場合は、メーカー修理を依頼する前にデータ復舊を行う必要があります。必要なデータがバックアップしてあり、修理後に自分で元の狀態に戻せる場合や、データを失っても問題ない場合は、データ復舊の必要はありません。メーカー修理とデータ復舊のどちらを選ぶべきか、選択基準を以下にまとめましたので參考にしてください。

4. データ復舊の見積りが無料になる事例

データ復舊の費用は、故障の程度や狀態によって異なります。そのため、バッファローのデータ復舊サービスでは、事前に診斷を行ってお見積りをご提示し、お客様にご納得いただけた場合にのみデータ復舊作業を実施します。診斷?お見積りは無料で、場合によっては無料でデータを取り戻せる可能性もあります。故障した外付けHDDのデータを取り戻したい時は、まずは一度當社データ復舊サービスまでご相談ください。

お見積りが無料になる事例

診斷の結果、ACアダプターやフォーマット形式などに問題があり、HDD自體は正常なことが判明した場合。
→ HDDはそのままご返卻し、問題を解決する方法をご案內します。

ご依頼いただく製品が、保証期間內のバッファロー製品で、データの破損など軽度の論理障害の場合。
→ データを救出した後、HDDを初期化し、データを書き戻して納品します。

5. 故障する前に定期バックアップを

大切なデータを守るための最良の方法は、普段からバックアップをとっておくこと。バックアップとは、別のメディアにデータをコピーして、データを常に二重にしておくことです。2つのメディアが同時に壊れる可能性は少ないので、もし1臺が壊れても、もう1臺にデータが殘っていれば大丈夫。壊れたら新しいハードディスクに交換して、またデータを二重にする。これを繰り返していれば、大切なデータを失う心配はありません。以下のページを參考に定期バックアップを実施しましょう。

◎故障予測サービス「みまもり合図」

バッファローでは、外付けHDDの狀態を把握し、異常をいち早く検知する故障予測ソフトウェア「みまもり合図」を提供しています?!窼.M.A.R.T」対応製品を接続しているパソコンにインストールするだけで、大切なデータの消失リスクを低減できます。詳しくは以下のページをご覧ください。

6. パソコンのデータ復舊はアドバンスデザイン(株)にご相談を

パソコンのデータ復舊は、當社と同じメルコグループの所屬企業であるアドバンスデザイン(株)へのご相談?ご依頼をお勧めします。

アドバンスデザイン(株)とは

株式會社バッファローをはじめとするメルコグループに所屬しているデータ復舊専門企業です。

データ復舊の健全化を目的とする一般社団法人日本データ復舊協會(DRAJ)の常任理事企業です。

1995年の創業以來、數多くのデータ復舊実績を誇っています。

アドバンスデザインでは、必ず事前にメディアの狀態を確認してお見積もりをご提示し、ご納得いただいてから作業を行います。診斷?お見積りは無料で、お見積り後に作業を行わない場合もキャンセル料はいただきませんので、安心してご相談ください。

7. 外付けHDDなど記憶メディアのデータ復舊はバッファローデータ復舊サービスにご相談を

バッファローでは、外付けHDD、SSDなどの記憶メディアを対象とした、データ復舊サービスをご提供しています。

Web申し込みフォームからお申し込みいただいた後、トラブルが発生した機器を當社へお持ち込み、またはご送付いただきます。お預かり品の狀態を診斷し、お見積りをご提示した上で、復舊作業のご注文をいただきます。

復舊內容の詳細についてはこちらをご參照ください。

復舊料金

當社のデータ復舊サービスは、お客様に安心してご利用いただけるよう、3段階の障害レベルを設定し、一律固定料金制にてご注文を承っています。必ず事前にメディアの診斷を行い、障害レベルとお見積りをご提示し、ご納得いただいてから作業を行います。診斷?お見積りは無料で、お見積り後に作業を行わない場合もキャンセル料はいただきません。復舊用のメディアの代金も復舊料金に含まれており、作業後に追加料金が発生する心配がありません。

詳しい料金についてはこちらをご確認ください。