新規格メディア登場「BDXL」。大容量化する映像データなどの保存に最適

ブルーレイの新規格 BDXLとは?

BDXLとは、2010年6月に策定されたブルーレイディスクの新規格です。
ディスクの記録層が従來の最大2層から3~4層になり、2倍以上のデータを保存できるようになりました。
BDXL対応メディアには1回だけ書き込み可能な追記型ディスクのBD-Rと、書き換え可能なBD-REの2種類のメディアがあります。

BDXL規格には容量100GBの3層ディスクと容量128GBの4層ディスクがあり、BDXLメディアを再生するにはBDXL対応ドライブが必要です。
またBDXL対応機器は、これまでの1層/2層のBD-R?BD-REと完全な互換性があります。

BDXL規格で記録したデータは、BDXL非対応機器では認識しません。

BDXL対応ドライブ搭載のデジタル家電?パソコン同士で再生可能

デジタル家電やパソコンで作成したBDXLは、同じくBDXL対応のドライブを搭載したデジタル家電?パソコンでのみ再生が可能です。
例えば、BDXL対応のレコーダーで長時間録畫した番組をBDXLに書き出して、BDXL対応ドライブを搭載のパソコンでもお楽しみいただけます。

お使いの機器により、再生可能なファイルは異なります。

BDXL規格で記録したデータは、BDXL非対応機器では認識しません。

大容量ムービーや寫真?デザインデータを
1枚にすっきり保存

100GB超の大容量を実現したBDXLなら、フルハイビジョンの映像も1枚のメディアにたっぷり保存可能。
ますます大容量化する映像データやデザインデータなどを扱うクリエイターの方にも最適です。

ビデオカメラ(映像) BDXL非対応 BDXL対応(100GB)
記録層 1層(25GB) 2層(50GB) 3層(100GB) 4層(128GB)
AVCHD(MPEG4-AVC/H.264)
HFモード(約13Mbps)
約250分 約500分 約1000分 約1,280分
デジカメ(寫真) BDXL非対応 BDXL対応(100GB)
記録層 1層(25GB) 2層(50GB) 3層(100GB) 4層(128GB)
1000萬畫素JPGデータ
3,648×2,736畫素
(6.0MB/枚の場合)
約4,260枚 約8,530枚 約17,060枚 約21,810枚
2400萬畫素RAWデータ
6,000×4,000畫素
(30.0MB/枚の場合)
約853枚 約1,706枚 約3,412枚 約4,367枚

撮影時間?枚數はおよその目安です。撮影環境や被寫體などの條件、他のデータが保存されている場合は撮影できる枚數は少なくなります。

パソコンや過去のメディア資産をまるごとバックアップ

100GB超の保存が可能なBDXLなら、古いパソコンのデータも1臺まるごとバックアップ。
1枚のバックアップディスクで復舊が可能になり、作業の手間が大きく省けます。
また、大量のMOやフロッピーなどのメディア資産を1枚にまとめてすっきり保存できるので過去データの整理にも最適です。

バッファローのドライブなら便利なライティングソフトウェア付

ライティングソフトウェア

データや映像?寫真をBDXLに簡単に書き込めるソフトウェアです。
大切なデータをパスワードで保護する“セキュリティーバーニング”機能搭載。
AES256/128bitを用いた暗號化で、萬が一の紛失や盜難にあっても情報の漏洩を防ぐことができます。

ハイビジョンの地デジをドラマ1クールまとめて保存

2010年10月現在、當社製地デジチューナーで録畫した番組のBDXLへのダビング(ムーブ)は非対応です。

BDXL(3層/100GB)なら、ハイビジョンの地デジを放送そのままのレートで1枚のディスクに約720分=12時間※保存できます。
これならドラマの第1話から最終回までまるまる1枚のディスクに収めることが可能(※1クール12話の場合) 。
シリーズ物の映畫も1枚のディスクに。お気に入りのライブラリーがすっきりまとまります。

バッファローのBDXL対応ブルーレイドライブ