メモリまるわかりガイド 「メモリでパソコンをスピードアップ!」

メモリとは何だろう?

メモリとは、パソコンの重要な部品の一つです。データの保存場所であるHDD(ハードディスク)から、データを処理するCPUに渡すデータを置いておくための部品です。
パソコンの部品の役割をデスクワークに例えると…。

CPU=作業する人

メモリ=作業機

HDD=書類の保管してある本棚

データやアプリケーションは、それぞれの書類や道具にあたります。

メモリを増やす=機を広げる!メモリ増設でパソコンを快適に!

機が広ければ、資料や図版、辭書なども広げたまま作業ができるので、素早く必要な部分を參照でき、スピーディに作業がはかどります。

つまりパソコンにメモリを増やすということは、パソコンの処理が効率化され、スピードアップにつながります。

メモリを標準よりも増やしたとき(メモリ増設)のメリット

結論!『パソコンがスピードアップ!』

Windowsの動作もキビキビと。さらに、電源を入れてから使えるようになるまでの時間も短縮できます。

動畫や畫像ファイルの読込も快適。デジカメで大量に寫真を撮った際の整理や、映像編集するならメモリ増設の効果が一目瞭然です。

複數ソフトを快適に使える!同じソフトのウィンドウを複數立ち上げたり、いろんな種類のソフトを同時に使う方には特に重寶です。

メモリを見てみよう

メモリはパソコンの中に入っているので、見かける機會は少ないですが、このような形狀をしています。

DRAMチップ

DRAMと呼ばれる半導體にデータが書き込まれ、CPUとのやり取りが行なわれます。DRAMは電源を切ると、データが消えます。

基板

基板の中には何層にもなった回路がめぐらされています。

端子

金色の端子部分、パソコン內のメモリスロットに差し込む接點です。この端子部の數は「ピン數」(表面とウラ面を合わせた數)と呼ばれ、メモリの種類によって、168ピンや184ピン、240ピンなどのものがあります。
(注)ここは手でさわらないで??!
端子部分に觸れると、靜電気で故障したり、汚れて接點不良の原因になります。

切り欠き

メモリスロットの凸部に合わせることで、メモリを正しい向きに裝著できます。

フック

メモリスロットの橫のツメが、このフックの部分にきっちりと摑まれるまで押し込むと裝著完了です。

メモリを選ぶなら、高品質?高信頼のものを!

メモリも品質が重要。大切なパソコンをトラブルから守るには、高品質で高信頼のメーカ品を選ぶと安心です。バッファローのメモリは皆様に選ばれて國內シェアNo.1(BCN社調べ 1999~2006年 年間シェアにて)。信頼のバッファロー製メモリをお選びください。

メモリは、使用するパソコンに合わせて様々な種類があります

ノートパソコンやデスクトップパソコンなど、パソコンにもいろいろあるように、そこに搭載されているメモリの種類も様々です。

自分のパソコンに合うメモリを探してみよう!

「メモリ対応検索」はパソコンの型番から簡単にピッタリのメモリが探せます。

商品一覧からもメモリが探せます。