DLPAプレスリリース『ご家庭でWi-Fiルーターをより安全にお使い頂くために』に対応する詳細情報の提供を開始

お知らせ

 メルコホールディングス(東?名 6676)グループ中核企業の株式會社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:牧 寛之、以下バッファロー)は、一般社団法人デジタルライフ推進協會(代表理事:細野昭雄、略稱:DLPA)が2019年12月18日に発表したプレスリリース「ご家庭でWi-Fiルーターをより安全にお使い頂くために 」(以下、DLPAプレスリリース)を受け、同日、バッファロー製Wi-Fiルーターを安全にお使いいただくための情報を掲載したWebページを公開しました。

 情報提供Webページでは、DLPAプレスリリース「ご家庭でWi-Fiルーターをより安全にお使い頂くために」にて提言された「1. 最新ファームウェアでの運用」「2. より安全なパスワードの設定」「3. 修理/サポートの期限について」「4. 脆弱性問題に関する更新プログラムの提供について」の4項目に対して、バッファロー商品における各項目の詳細な確認方法、各種設定方法や、DLPAプレスリリースにて定義される「DLPA推奨Wi-Fiルーター」に該當するバッファロー商品についての情報を掲載します。

 バッファローは、上記4提言の主幹事企業としてこれを推進するとともに、獨自のセキュリティー機能「ネット脅威ブロッカー」搭載商品を代表とする、サイバー攻撃の脅威に対する高いセキュリティー機能を持つ商品の開発および市場への提供を通じて、安心してインターネットを利用いただける環境づくりに貢獻してまいります。

「ネット脅威ブロッカー」について

 「ネット脅威ブロッカー」は、ご家庭のネット家電をサイバー攻撃から守るセキュリティー機能です。不正な遠隔操作やパソコン內のデータ、防犯カメラ映像など個人情報の外部流出を防ぎ、さらにご家庭の機器が踏み臺にされて他者の機器をDoS攻撃することも防ぎます?!弗庭氓让{威ブロッカー Premium」搭載商品ではさらに、お子様へ悪影響を與えるようなWebサイトへのアクセスのブロックなど、より安全にインターネットを利用するための機能が含まれます。

関連ページ