YE DIGITAL「NetSHAKER W-NAC」がバッファロー「WAPM-2133TR」と連攜。無線LANの一元管理が可能に

お知らせ

學校に設置した無線LANアクセスポイントの設定や維持の手間を大幅に軽減

 メルコホールディングス(東?名 6676)グループの中核企業 株式會社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:牧 寛之、以下バッファロー)が製造?販売する法人向け無線LANアクセスポイント「WAPM-2133TR」はこの度、株式會社YE DIGITAL(本社:北九州市八幡西區、代表取締役社長:遠藤 直人、以下YE DIGITAL)が學校向けに販売する無線LANアクセス管理裝置「NetSHAKER W-NAC(ネットシェーカー ダブルナック)」と連攜しました。これにより、「NetSHAKER W-NAC」経由で「WAPM-2133TR」を含む無線LAN機器の一元管理が可能となり、學校における無線LAN環境の構築?運用の手間を大幅に削減できます。

 文部科學省が進める第3期教育振興基本計畫に基づき、學?,F場へのタブレット導入と、その利用環境としての無線LAN環境構築が進んでいます。どの教室でもタブレットを快適に利用するには、無線LANアクセスポイントを各教室へ設置することが推奨されており、その管理が運用課題のひとつとなっています。
 今回連攜した「NetSHAKER W-NAC」は無線LANアクセス管理裝置です。不正アクセスによる校內の情報漏洩を防止するとともに、學校における運用管理軽減を目的に無線LANアクセスポイントの一元管理機能を搭載しています。

無線LANアクセスポイント連攜により実現する機能

無線LANアクセスポイント情報管理

無線LAN設定情報の一括インポート/エクスポート

ファームウェアの一括配信

無線LANアクセスポイントの死活監視

「NetSHAKER W-NAC」と連攜する無線LANアクセスポイント
「WAPM-2133TR」について

特徴

安定した多臺數同時通信を実現する「トライバンド」仕様

2.4GHz、5GHz(W52?W53)、5GHz(W56)の3つのアンテナを搭載し、安定した多臺數同時通信を可能にします。

レーダー波による通信停止を起こさない「DFS障害回避」搭載

通信が速く干渉が少ない5GHzにおいて、DFS(Dynamic Frequency Selection)による通信停止を回避します。

通信の安定を実現する「バンドステアリング」機能

混雑していない周波數帯を選んで自動で接続を切り替え、通信の分散?最適化を行います。

 今後の學?,F場でのタブレット活用を後押しする機能を搭載している「NetSHAKER W-NAC」との連攜を進めることで、バッファローとYE DIGITAL両社は學校ICTを活用した教育の促進を強力にバックアップしてまいります。
 なお、本商品は2019年9月25日(水)~27日(金)にインテックス大阪で開催される「第3回 [関西]學校?教育 総合展」(EDIX 関西 2019)に出展いたします。

連攜概要

関連ページ